OpenOfficeCalcのファイルがExcelで開けない-.xls形式で保存する

 OpenOfficeCalcはMicrosoftExcelと互換性のある無料の表計算ソフト。

 でも、デフォルトの保存形式が.odsなの。

 2007以降のExcelなら.odsファイルが扱えるんだけど、それ以前のExcelだと.odsが扱えない。

 ファイルを保存する時に.xlsにすることもできるんだけど、保存形式を常に.xlsになるようにしておいたほうが何かと便利かも。




.xls形式なら新しいExcelでも扱える

 .xlsは「Excel 97 - Excel 2003」「 Microsoft Excel 5.0/95」の保存形式。

 Excel 2007 の基本的なファイル形式は.xlsxだが、新しいソフト(アプリケーション)は古いバージョンのファイルも扱うことができるので、拡張子が「.xls」で保存してあれば、MicrosoftExcelのどのバージョンでも扱うことができる。

作成ファイルの保存時に拡張子.xlsで保存する-OpenOfficeCalc

1.〔ファイル〕→〔名前を付けて保存〕。

2.「ファイルの種類」で〔Microsoft Excel 97/2000/XP(.xls *.xls)〕を選択し、OKを押す。

OpenOfficeCalcの保存形式

[OpenOfficeCalcの保存形式]

作成ファイルを常に拡張子.xlsで保存する-OpenOfficeCalc

1.OpenOfficeCalcを〔新規ファイル〕で開き、〔ツール〕をクリック。

2.〔オプション〕をクリック。

ツール⇒オプション-OpenOfficeCalc

[ツール⇒オプション-OpenOfficeCalc]

3.〔読み込みと保存〕→〔全般〕タブをクリック。

4.「ドキュメントの種類」の▼をクリックし、〔表計算ドキュメント〕を選択。

「読み込みと保存」で〔全般〕をクリック⇒「ドキュメントの種類」で〔表計算ドキュメント〕を選択-OpenOfficeCalcで作成したファイルを常に拡張子.xlsで保存する

[「読み込みと保存」で〔全般〕をクリック⇒「ドキュメントの種類」で〔表計算ドキュメント〕を選択-OpenOfficeCalcで作成したファイルを常に拡張子.xlsで保存する]

5.「常に次の形式で保存」の▼をクリックし、〔Microsoft Excel 97/2000/XP〕を選択し、OKを押す。

「常に次の形式で保存」の▼をクリック⇒〔Microsoft Excel 97/2000/XP〕を選択⇒OKを押す-OpenOfficeCalcで作成したファイルを常に拡張子.xlsで保存する

[「常に次の形式で保存」の▼をクリック⇒〔Microsoft Excel 97/2000/XP〕を選択⇒OKを押す-OpenOfficeCalcで作成したファイルを常に拡張子.xlsで保存する]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする