OpenOfficeCalc(カルク・表計算ソフト)でExcel簿記を開くには

 無料の青色申告ソフト、Excel簿記の使い方を少し。

 Excel簿記は、ソフトというよりは、ExcelやOpenOfficeCalc(カルク・表計算ソフト)のテンプレートといったほうが良いかも。

 マクロを使わないので、ExcelでもOpenOfficeCalc(カルク・表計算ソフト)でも利用できる。

 でも、開き方に注意がいる。




Excel簿記の利用はExcelかOpenOfficeCalcで

 管理人のパソコンには、OpenOfficeCalc(カルク・表計算ソフト)、LibreOfficeCalcという2つの表計算ソフトがインストールしてある。

 が、もっぱらExcel簿記のソフトとして使うのは、OpenOfficeCalc(カルク・表計算ソフト)。

 Excel2000だとシートの保護を解除するためのパスワードが必要になるし、LibreOfficeCalc(カルク・表計算ソフト)での使用は年度更新等の作業で不具合が生じる可能性があるので・・・。

 OpenOfficeCalcなら「無料」しかも「シートの保護にパスワードが要らない」。

Excel簿記のインストール

1)ベクターwww.vector.co.jp/で、Excel簿記を検索。

2)ダウンロードボタンを押すと、『農業用』『一般用』『不動産用』の3種類があるので、必要なものをダウンロード。

3)パソコンの『ダウンロード』にZipファイルとしてダウンロードされるので、ダブルクリックまたは右クリック→開く。

4)「ExcelB.xls」、「readme.tet」、「記入例.xls」が展開される。

*ダウンロードの中に入ったままだとわかりにくいで、任意の場所にフォルダを作って、『Ctrl』+『ExcelB.xls、readme.tet、記入例.xls』→右クリック→コピー(切り取り)→任意のフォルダを開き、右クリック→『貼り付け』たほうが良い。

OpenOfficeCalc(カルク・表計算ソフト)でExcel簿記を開くには

1)OpenOfficeCalc(カルク・表計算ソフト)を起動。

2)『ファイル』→『開く』→ExcelB.xlsを選択→『OK』ボタンを押す。

3)Excel簿記のファイルが開いたら『このデータには他のデータへのリンクがあります。リンクを更新しますか?』の問いがでたら『いいえ』をクリック。

 または

1)解凍した「ExcelB.xls」を右クリック。

2)「プログラムから開く」をクリック。

3)「OpenOfficeCalc」を選択。

4)Excel簿記のファイルが開いたら『このデータには他のデータへのリンクがあります。リンクを更新しますか?』の問いがでたら『いいえ』をクリック。

Excel簿記を開いたら「すべてのリンクを更新しますか」で「いいえ」を選ぶ

[Excel簿記を開いたら「すべてのリンクを更新しますか」で「いいえ」を選ぶ]

5)「このデータにはほかのデータへのリンクがあります。リンクを更新しますか」で「いいえ」を選ぶ

「このデータにはほかのデータへのリンクがあります。リンクを更新しますか」で「いいえ」を選ぶ-Excel簿記

[「このデータにはほかのデータへのリンクがあります。リンクを更新しますか」で「いいえ」を選ぶ-Excel簿記]

 Excel、LibreOfficeCalcでも同様にして開くことができる。

 ExcelB.xlsをダブルクリックして開こうとすると、ExcelやLibreOfficeCalcでは問題なく開く。

 だが、OpenOfficeCalcを利用する場合はダブルクリックするとエラーになる。

 『プログラムから開く』でOpenOfficeCalcを探し出さないといけないので、ちょっと面倒。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする