Windows10の標準ブラウザMicrosoft Edge

 Windows10の標準ブラウザMicrosoft Edgeっていったいどんなブラウザなんだろう。

 IEと比べて使い勝手や機能はどうなっているのかな?

Microsoft Edgeのいいところ

音声コントロール、検索、動的にアドレスバー内で個人情報関連の検索を行うことが可能になる。さらにウェブページの注釈の作成や、OneDriveでの保存や共有ができるようになる。また、デバイス間でコンテンツを同期する「リーディング・リスト」機能や、不要な書式設定をカットすることで読みやすさを高める「リーディングモード」の機能も搭載。(中略)ムービーの再生については、Chrome、Firefox、Operaに対して2倍以上の負荷を加えた場合にも同等以上のバッテリー持続時間を示している。by wikipedia

 でも、いいところもあれば、悪いところもあるようで。

Microsoft Edgeのデメリット

ウェブページをファイルとして保存する機能やタスクバーにピン止めする機能、アドオンの拡張などは搭載されていない。また、他のブラウザでは標準となっている貼り付けて移動や文字を選択して右クリックでの検索などの機能も付いていない。ただし、拡張機能は今後のアップデートで追加されるとマイクロソフトは明らかにしている。by wikipedia

まだまだ進化の途上?

 Microsoft EdgeはこれからのWindowsの標準ブラウザとして採用されていくようだ。

 けど、まだまだブラウザとしては発展途上なのかなという印象。

 少なくとも、ブログを書くときにはIEのほうが書きやすい。

 その代わり、ネットの閲覧がメインの人にとっては、使いやすいブラウザになっているのかもしれないけど。

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Menu

HOME

 TOP