セルの結合-Excel2003以前と2007以降

 MicrosoftExcelは2003以前と2007年以降では、微妙に操作が違っている。

 今回は、MicrosoftOfficeの表計算ソフトExcel2003と2007年以降のExcelのセルの結合の操作の違いについてのメモ。




MicrosoftExcelのセルの結合(2003以前)

1、結合するセルをドラッグして選択。

2、右クリック⇒『セルの書式設定』または、『書式』⇒『セル』をクリック。

3、『配置』タブをクリック。

4、『セルの結合』にチェックをいれ『OK』ボタンをクリック。

MicrosoftExcelのセルの結合(2007以降)

1、結合するセルをドラッグして選択。

2、[ホーム] タブの [配置] から、[セルの書式設定] ダイアログ ボックスを表示。

3、[配置] タブをクリックし、[文字の制御] の [セルを結合する] チェック ボックスをクリックしてチェックをいれる。

4、[OK] をクリック。

MicrosoftExcelと互換性のあるフリーソフト

 かつて、マイクロソフトExcelと互換性のあるフリーソフトとしてはOpenOffice.orgが有名だった。

 現在は、OpenOffice.orgの開発は終了している。

 が、無料のOfficeソフトがなくなったわけではなく、OpenOffice.orgはApache OpenOfficeCalc、LibreOfficeCalcというフリーソフトに引き継がれている。

 どちらかといえば、LibreOfficeCalcのほうが、MicrosoftExcelに操作性が近く、.xlsxの保存形式にも対応している。

 ただし、どちらのソフトも個人で使う分には十分な機能を備えている。

 おいらは、長年、職場以外ではExcelを触ったことがないが、OpenOfficeCalc、LibreOfficeCalcで十分用が足りている。

 もちろんどちらのソフトにもMicrosoftWord・パワーポイントに該当するソフトが付属している。

 どちらのソフトもWindows・Linuxとも利用することができる。

OpenOfficeCalc、LibreOfficeCalcのセルの結合についてはこちらの記事を見てみてね