ApacheOpenOfficeCalc、Excelで8桁の数字を年月日にする

 銀行の明細書などのCSVデーターを表計算ソフトで取り込んだ場合、年月日に当たる部分が8桁の数字になっている場合がある。

 たとえば、2013年1月1日が20130101というテキストになっている場合があるのだ。

 このままだと、表計算ソフトは、年月日として認識できず、並べ替えなどする場合に不便。

 というわけで、8桁の数字を年月日として認識できる形に変える方法。

 

ApacheOpenOfficeCalcで8桁の数字を年月日にする場合

1、日付のデータに変更したい範囲を選択。

2、『データ』→『テキストから列へ』

3、『区切りのオプション』で『区切る』にチェックが入っていることを確認。

4、『フィールド』で列の部分をクリック。

ApacheOpenOfficeCalcで8桁の数字を年月日にする黒く見えるところがフィールドの列。

5、▼をクリックしYMDを選択。

6、『OK』ボタンをクリック。

7、20130101の場合→『13/01/01』(西暦の下二桁/月/日)と表示されるようになる。

*『13/01/01』を『2013/01/01』や『平成25年1月1日』などの形式に変えたい場合は、上記の作業の後、セルを指定し右クリック→『セルの書式』→『日付』から書式を選択する。

 

 

Excelで8桁の数字を年月日にする場合

1、日付のデータに変更したい範囲を選択し、[データ]-[区切り位置]をクリック。

2、区切り位置指定ウィザードの[次へ]を2度クリック。

3、『カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ』にチェックが入っていることを確認し『次へ』をクリック。

4、[列のデータ形式]で[日付]をクリックし[YMD]を選択。

5、『完了』ボタンをクリック。

*20130101の場合→『13/01/01』(西暦の下二桁/月/日)と表示されるようになる。

*『13/01/01』を『2013/01/01』や『平成25年1月1日』などの形式に変えたい場合は、上記の作業の後、セルを指定し右クリック→『セルの書式』→『日付』から書式を選択する。

 

 ApacheOpenOfficeCalc、ExcelともCSVファイルを開くときに、同じようにフィールドを区切る画面が出てくるので、上のような操作をそのときにすると8桁の数字をYMD形式の日付に変換することもできる。

コメントを残す




日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

bloggerにはトラックバックの機能が無い

noimage

Windows7で拡張子を表示させる方法

noimage

IEのお気に入りを一気に整理できるフリーソフト

noimage

Windows7の便利アプリ・電卓

noimage
noimage

ウインドウズ8はどこに行く?

noimage

iPad mini VS Nexus7

noimage
noimage

FC2ブログのファイル容量が10Gに大幅増量

noimage

MoneyLookのCSVファイルをMoney通帳に取り込む

noimage

無線接続よりは、断然、有線接続

noimage
noimage

bloggeの投稿者の名前(ハンドルネーム)を変更する

noimage
noimage

Menu

HOME

 TOP