ApacheOpenOfficeCalc、Excelで8桁の数字を年月日にする

 銀行の明細書などのCSVデーターを表計算ソフトで取り込んだ場合、年月日に当たる部分が8桁の数字になっている場合がある。

 たとえば、2013年1月1日が20130101というテキストになっている場合があるのだ。

 このままだと、表計算ソフトは、年月日として認識できず、並べ替えなどする場合に不便。

 というわけで、8桁の数字を年月日として認識できる形に変える方法。

 

ApacheOpenOfficeCalcで8桁の数字を年月日にする場合

1、日付のデータに変更したい範囲を選択。

2、『データ』→『テキストから列へ』

3、『区切りのオプション』で『区切る』にチェックが入っていることを確認。

4、『フィールド』で列の部分をクリック。

ApacheOpenOfficeCalcで8桁の数字を年月日にする黒く見えるところがフィールドの列。

5、▼をクリックしYMDを選択。

6、『OK』ボタンをクリック。

7、20130101の場合→『13/01/01』(西暦の下二桁/月/日)と表示されるようになる。

*『13/01/01』を『2013/01/01』や『平成25年1月1日』などの形式に変えたい場合は、上記の作業の後、セルを指定し右クリック→『セルの書式』→『日付』から書式を選択する。

 

 

Excelで8桁の数字を年月日にする場合

1、日付のデータに変更したい範囲を選択し、[データ]-[区切り位置]をクリック。

2、区切り位置指定ウィザードの[次へ]を2度クリック。

3、『カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ』にチェックが入っていることを確認し『次へ』をクリック。

4、[列のデータ形式]で[日付]をクリックし[YMD]を選択。

5、『完了』ボタンをクリック。

*20130101の場合→『13/01/01』(西暦の下二桁/月/日)と表示されるようになる。

*『13/01/01』を『2013/01/01』や『平成25年1月1日』などの形式に変えたい場合は、上記の作業の後、セルを指定し右クリック→『セルの書式』→『日付』から書式を選択する。

 

 ApacheOpenOfficeCalc、ExcelともCSVファイルを開くときに、同じようにフィールドを区切る画面が出てくるので、上のような操作をそのときにすると8桁の数字をYMD形式の日付に変換することもできる。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage

Skypeの設定をしてみよう

noimage
noimage

Googleアドセンスの検索結果ページを詳細に設定す方法

noimage

カテゴリー別全記事リストの作り方

noimage

Googleアドセンスの検索ボックスが文字化けしていた

noimage
noimage
noimage
noimage
noimage
noimage

パソコンを遠隔操作するソフトTeamViewer

noimage

AndroidOS用の無料録音アプリ

noimage

ブログやホームページ作成に便利な、HTMLエディタ

noimage
noimage

bloggeの投稿者の名前(ハンドルネーム)を変更する

Menu

HOME

 TOP