OpenOfficeCalcで空白以外のセルを数える

 OpenOfficeCalcで記入されたセルがいくつあるか数えるにはどうするか?

 要は空白以外のセルがいくつあるか数える方法ということになるのだが。

 エクセルの場合、COUNTIFまたはCOUNTAという関数を使う。

 OpenOfficeでもこのCOUNTIFまたはCOUNTAという関数で、空白以外のセルの数を合計することができるのだろうか?

COUNTIFとCOUNTAの違い

 まずは、COUNTIFとCOUNTAの違いは何だろう?

COUNTA

 COUNTAという関数は何かが入力されているセルをカウントする。

 一見空白に見えるセルでも、スペースや半角スペースあるいは数式が入っていれば「入力がされているセル」とみなしてカウントするのがCOUNTAという関数。

COUNTIF

 COUNTIFはCOUNTという関数にIF(条件)が入ったもの。

 COUNT関数は

  • 数式が入力されていて結果が数値ならカウントする
  • 数式が入力されていて結果が数値でなければカウントしない
  • 文字列としての数値はカウントしない
  • 論理値TRUE/FALSEはカウントしない

 という特徴がある。

Excelで空白以外のセルの数を数える方法

 COUNTAを使って空白以外のセルを数える場合は、セル数の合計を求めるセルに「=COUNTA(セル番号:セル番号)」という風に入力する。

 例えば、B5のセルにB2からB4までの入力されたセルがいくつあるかを表示させたい場合は=COUNTA(B2:B4)ということになる。

 COUNTIFの場合、B5のセルにB2からB4までの入力されたセルがいくつあるかを表示させたい場合は=COUNTIF(B2:B4, "<>")。

OpenOfficeCalcで入力されたセルを数えるには

 OpenOfficeCalcの場合、「 =COUNTIF(B2:B4, "<>") 」と数式を入れても、うまく入力されたセル数が計算されない。

 OpenOfficeCalcの場合、「 =COUNTIF(B2:B4;"<>") 」という数式になる。

特定の文字が入力されたセルを数えることもできる

 特定の文字(例えば「あ」という文字)をカウントする場合、「 =COUNTIF(B2:B4;"あ") 」とすれば、「あ」が入力されたセルがカウントされる。

 「 =COUNTIF(B2:B4;"あ")+COUNTIF(B2:B4;"1") 」ならば「あ」または「1」が入力されたセルがカウントされることになる。

入力されたセルを数えるーOpenOffice

[入力されたセルを数えるーOpenOffice]

 

おすすめ記事

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

年齢などの経過年数を求める関数・ExcelとOpenOfficeCalc
複数のエクセルファイル(Book)を書式(列の高さや幅など)ごと1つのファイル(Book)にまとめる方法
リンクした動画がスクリーンに映らない!
Excel簿記の減価償却費・端数計算と確定申告作成コーナーの端数が合わない
経過した月数や週数、日数を換算する・ExcelとApacheOpenOfficeCalc
ApacheOpenOfficeCalc(カルク・表計算ソフト)でExcel簿記を開くには
ワードで袋とじして両面印刷
ワード用テンプレートを無料ワープロソフトで利用して年賀状作りを時短化する
OpenOfficeCalcで垂直方向の中央揃えってどうする?
noimage
Excel簿記とApacheOpenOfficeCalcで青色申告
Apache OpenOfficeWriter(ライター)の箇条書きの設定・ON・OFF
OpenOfficeCalcでシートを保護したときにできる操作とできない操作
Microsoftエクセル・ワードは個人情報流出にご注意
ApacheOpenOfficeCalcで別シートのドロップダウンリストを利用してセルを入力する

Menu

HOME

 TOP