OpenOfficeCalcで切り上げ・切捨て・四捨五入をする方法

 エクセルで、端数を処理(切り捨て・切り上げ・四捨五入)する方法で使った関数、ROUNDUP・ROUNDDOWN・ROUND。

 OpenOfficeCalc(表計算ソフト)でも同じように使う。




端数の切り上げ・切り下げ・四捨五入を指定する関数

・切り上げ → ROUNDUP
・切り捨て → ROUNDDOWN
・四捨五入 → ROUND

OpenOfficeCalcで切り上げ・切捨て・四捨五入をする方法

1.四捨五入・切り上げ・切り捨てした数字を表示させたいセルをクリック。

2.〔=〕ボタンをクリック。

四捨五入・切り上げ・切り捨てした数字を表示させたいセルをクリック⇒〔=〕ボタンをクリック-OpenOfficeCalcで切り上げ・切捨て・四捨五入

[四捨五入・切り上げ・切り捨てした数字を表示させたいセルをクリック⇒〔=〕ボタンをクリック-OpenOfficeCalcで切り上げ・切捨て・四捨五入]

3.『挿入』→『関数』をクリック。

 または、〔fx〕をクリックする。</p

>4.「分類項目」の中から〔数学〕を選択。

「分類項目」の中から〔数学〕を選択-〔=〕ボタンをクリック-OpenOfficeCalcで切り上げ・切捨て・四捨五入

[「分類項目」の中から〔数学〕を選択-OpenOfficeCalcで切り上げ・切捨て・四捨五入]

5.切り上げ( ROUNDUP)・切捨て( ROUNDDOWN )・四捨五入 ( ROUND)を選択。

6.『次へ』をクリック。

関数を選択し次へ-OpenOfficeCalcで切り上げ・切捨て・四捨五入

[関数を選択し次へ-OpenOfficeCalcで切り上げ・切捨て・四捨五入]

7.端数処理したい数字の入ったセルをクリック。

 一つ目の空欄に、端数処理したい数字の入ったセルが記入される。

8.桁数を入力する。

 例えば、213.4567を四捨五入処理した場合 

 ・0→213
 ・1→213.5
 ・2→213.46
 ・3→213.457
 ・十の位は『-1』、百の位は『-2』で指定する。
桁数との関係-OpenOfficeCalcで切り上げ・切捨て・四捨五入

[桁数との関係-OpenOfficeCalcで切り上げ・切捨て・四捨五入]

9.『OK』をクリック。

 数式の形としては=関数(セル番号;処理の桁数)となる。

端数処理したい数字の入ったセルをクリック⇒桁数を入力する⇒OKOpenOfficeCalcで切り上げ・切捨て・四捨五入

[端数処理したい数字の入ったセルをクリック⇒桁数を入力する⇒OK-OpenOfficeCalcで切り上げ・切捨て・四捨五入]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする